So-net無料ブログ作成

You're Only Lonely

J.D Souther - You're Only Lonely
Writer(s) J. D. Souther

 

世界が君の小さな肩の上に落ちてきそうなとき
そして、君が孤独で心細く感じているとき
       君を抱きしめてくれる誰かが必要なんだ
君は僕の名前を呼ぶことができるんだ
君がひとちぼっちで孤独なときに
           恥ずかしがることなんてないんだ
君がひとちぼっちで孤独なときは

やってみようとする夜に傍に誰かに居て欲しいとき
君が女王だったとき僕はそこに居たし
    最後の一人になるまで君の傍に居るだろう
君は僕の名前を呼ぶことができるんだ
君がひとちぼっちで孤独なときに
          恥ずかしがることなんてないんだ
君がひとちぼっちで孤独なときは
(ひとちぼっちで孤独なとき)
                (ひとちぼっちで孤独)

世界が君の小さな肩の上に落ちてきそうなとき
そして、君が孤独で心細く感じているとき
      君を抱きしめてくれる誰かが必要なんだ
君は僕の名前を呼ぶことができるんだ
君がひとちぼっちで孤独なときに
          恥ずかしがることなんてないんだ
君がひとちぼっちで孤独なときは
           ダーリン、僕の名前を呼ぶんだ
君がひとちぼっちで孤独なときは
            (ひとちぼっちで孤独なとき)
だけ孤独だとき
            (ひとちぼっちで孤独なとき)

ああ、それは罪じゃないよ
ダーリン、僕たちには時間がたくさんあるんだ
君がひとちぼっちで孤独なとき
           君がひとちぼっちで孤独なとき
君は間違ってなんかいないさ
         ダーリン、僕だっては孤独なんだ
(ひとちぼっちで孤独なとき)
            (ひとちぼっちで孤独なとき)

そう、君が僕を必要ならば
                 僕を呼べばいいんだ
今、君がひとちぼっちで孤独なら
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。